西村マスクの完成まで

毎日のようにテレビに出ている西村大臣がある会見で着用していたマスクを主人が

「あれ、いい!」

と言いだしました。

その時私は、注文の多かったマスクカバーを作っていました。

「これ作って」

とスマホ片手に主人。

確かに見た事のない形でした。

早速作り方を検索。

実はこのマスク、東南アジアや韓国などではポピュラーなようでした。

でも日本語のサイトが見つかりません。仕方ないので、画像を見ながら、とにかく作ってみることにしました。

でも、はっきり言って作り方が雑!って感じで、出来上がりも美しくない。
柄物の生地なら誤魔化せるけど、目指すはスッキリとした無地。
縫い目が目立つんです。

そして大きさ。0.5mmの変更でつけた時の形が全然違うんです。
今や材料不足なので、作ってはほどき、作図して、また作る。
一週間、ほとんどかかりっきりで、やっと納得できるバランスになりました。

私の町や隣接する町もまだ感染者がいないので、危機感はあまりなく、
マスクカバーやフィルターポッケット???なんじゃそりゃ的な感じなんですが、
都会からの注文はほぼフィルターポケット付きなので、使いやすいように考えました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました